Kevin PhilipsによるPixabayからの画像

最近放置気味のワードプレスで作成されている当ブログ。
美容系&NZ関連系ブロガーなのでWP系記事は上げるつもりが全くなかったのですが、今回自分が直面した問題と同じシチュエーションの対処法がネットになく困ったので、少しでも誰かの役に立ったらいいなぁと思い情報発信します。

ワードプレスでブログ編集を行なっているんですが、実はWPを最初にダウンロードしてからその後、全くアップデートしていなかったんですよ。それでさすがにアプデしなきゃな…と思い、この度最新にアプデしてみたんです。

いつもは何かアプデする前にはちゃんと不具合などを調べた後、不具合の修正がされてからアプデするんですが、今回はそういうことをするのをスポーンと頭から抜け落ちてて、バックアップとった後気軽に更新ボタンをぽちっ。

そしたら出ました。
編集画面がおかしくなっちゃう不具合!!

あ〜、やっぱリリースされて間もないものを入れるのはリスキーだなぁと再確認。
早速他のブログで紹介されていたWP Downgradeというプラグインを使ってワードプレスを旧バージョンに戻したけれども、それだけでは不具合改善されず…そんな中私がとった対策・改善方をシェアします。

前提

参考までに、どういう動作環境で不具合が起きたのかと、不具合発生後どういう対応を取ったのかを書いておきます。

動作環境:

  • 使用テーマ:ルクセリタス(現時点での最新Verである 3.12.0.1, Luxeritas 3.10.0からWP5.5に対応済み)
  • 使用ブラウザ:Google Chrome (現時点での最新ver)
  • 以前使用していたWP: 5.2.2

不具合が発生するまで・した後の流れ:

  1. ルクセリタスを最新にアップデート
  2. WPを5.3から現時点(2021年1月)での最新版 5.6にアップデート
  3. 編集画面の不具合発生
  4. 一応ブラウザ(Google Chrome)のバージョンを確認したが最新版を使用中
  5. WP Downgradeを使ってWP 5.5へダウングレード
  6. 不具合改善されず
  7. WP DowngradeでWP 5.2.2 へダウングレード
  8. 不具合改善されず

発生した不具合

WP5.6へアップデート後

こちら今年1月頭に投稿した記事の編集画面。
文字全部消えてます。

+マークをクリックすると、「ブロックの追加」というのが出てきて、その名の通りブロックが追加できるんですが、あったはずの文がごっそりなくなっちゃってます。
これはなくなったっていうよりも表示ができなくなっていると言う方が正しいですが。

WP 5.5へダウングレード後

上記と全く同じ症状が発生。

WP 5.2.2 自分が元々使用していたバージョンへダウングレード

じゃじゃーん。

とうとう編集画面真っ白に。笑

一応ダッシュボードとか、投稿一覧などはみれるんです。
でも投稿一覧から記事を編集する画面に行くとこうなっちゃう。

なぜ。

解決策

A. ブラウザを変えた (以前:Google Chrome → 現在:Safari)

グーグル先生に「ワードプレス5.6 編集画面 不具合」で検索をかけた際、出てきたこちらの記事▽を初めに読んでいて、ブラウザで変わることもあると言うことを認識。

記事の執筆者であるdomybest365さんは元々Safariを利用されていて、不具合が起きてからのGoogle Chromeに移行だったので私とは反対です。

私はWPを使用する際にChromeを常に使っており、それは一重にブログ運営する上でグーグルのツール(analyticsやconsoleなど)を併用することが多かったためなのですが、それ故になぜかWP=Google Chromeの感覚があり、WPとGoogle Chromeの相性がいいと思ってしまっていて、Safari → Chrome は成功しても Chrome → Safari はダメだろうなぁと勝手に可能性を排除してしまってたんです。

しかしながら旧バージョンに戻したら編集画面が表示すらされないし、一か八かで私も使用ブラウザを変えてみました。

バージョンはダウングレードしたままの5.2.2。

するとSafariでは正常に作動!
きちんと表示されるようになり、無事記事も書けるようになりました😭

こちらの記事がなければブラウザを変えてみようという考えに思い至らなかったはずなので、本当に感謝です🙇‍♀️

少し実験

最終的に、ブラウザを変更することで無事記事が執筆できる状態になったのですが、どのバージョンのWPでも正常に作動するのか実験してみました。

使用ブラウザ:Safari

WP5.6 → 不具合発生(Chrome使用時レベルほどでは無いけれども、編集が困難なほどの不具合)
WP5.5 → 正常に作動(一部機能に不具合あり)
WP5.2.2 → 正常に作動(一部機能に不具合あり)

検証結果は以上のようになりました。

ブラウザ変更後発生した一部の不具合

  • 「クラシック版の段落」で書いたブロックがエラー発生で編集できなくなる
  • ドット蛍光ペンを使用した時に、アンダーラインが途中でプツプツ途切れる

*WP5.5とWP5.2.2に出る不具合は私が今回気づいたもののみになります。

「クラシック版の段落」ブロックで発生した不具合

プレビューでもサイトでもちゃんと表示はされるけれども、編集画面ではこのように完全に見れない・編集不可。

ドット蛍光ペンの不具合

このドット蛍光ペンを使用するとボックス奥に見えているように、ドットが太い&離れて表示される。

普通の蛍光ペンはフォントの崩れもなくきちんと表示されます。

蛍光ペンはLuxeritasオリジナルの機能っぽいので、お知らせした方がいいのでしょうか…ただでさえ高機能のテーマをフリーで使わせていただいているので、「ここ直してください〜」って言うのが憚れます。

まとめ

  • WP5.6更新後に不具合発現
  • 旧バージョンにダウングレード後も不具合あり
  • ブラウザ変更(Google Chrome → Safari)で不具合解消
    • ただし小さな不具合が未だにあり

当ブログで使用させていただいているテーマ、ルクセリタスでワードプレス5.6に更新した場合同じ不具合が出ているのか調べましたが、発見できず。
ただ、他テーマを使用中の方が「編集画面に不具合が出る」と訴えているのを散見しました。

全くサイトが編集できなくなるような不具合の場合、ひとまず今使用中のブラウザをなんでもいいから別のブラウザに変えてWPの編集画面を開いてみるのも手ですね。

ただ使い慣れたブラウザから他ブラウザに移動することになるので、人によっては不便を感じるかもですし、ブラウザ変更した今もちょこちょこ小さな不具合が見られるので、応急処置的な方法ではあるかなと感じています。

WP5.6に更新しようと考えてる人は気をつけてください。

Leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


オススメ記事: