海外ドクター達がオススメする日焼け止めの選び方

南半球はもう冬で、こちらNZは天気が悪い日が続きますが、曇りでも紫外線は地上に届いているそうなので冬でもきっちり塗っています。

逆に北半球はこれから特に紫外線が気になる季節ですね。

でも日焼け止めって沢山種類がありすぎてイマイチどれを選んでいいか分からない…
ってなったことありませんか?

今回はそんな日焼け止めについての欧米ドクター達や科学者の解説と、彼らのお勧めする日焼け止めの選び方をリサーチしたのでご紹介します。

STEP1:用途に合ったテクスチャを選ぶ

日焼け止めには大きく分けて3つのタイプがあります。ロールオン、ローション、そしてスプレーです。
ドクターがオススメするタイプとお薦めしないタイプとその理由を表にしたのがこちら▽

  推奨 非推奨
商品のタイプ ロールオン
ローション
スプレー
理由 塗りムラができにくい 塗りムラができやすい
塗る量が少なくなりやすい

スプレータイプはさっと簡単に塗れてとても便利ですが、必要量が塗れてない場合が多い等といった理由からスプレーはあまりオススメしないとDr DrayDr Ankit談。
また、空気中に多くの日焼け止めが散ってしまうのでコスパも悪い。

スプレーは化粧の上からの塗り直しだけに使用し、メインで使用する物や体に塗る日焼け止めはロールオンやローションを使用するのが良いでしょう。

STEP2: シチュエーションに合うSPFを選ぶ

UVBのカット率は高い方がもちろんいいのですが、SPF30とSPF50とでは実際にはたったの1%しか変りません。なので皮膚科医はSPFが30以上ある物であれば効果的であるとしています。

日常使いであればSPF15〜30、スポーツや長時間屋外にいる場合はSPF50かそれ以上の物を選ぶといいですね。

特に海外製日焼け止めはSPF値が高いほどこってり系のクリームである傾向があるので、化粧下地にはSPF15〜30の物を目安にチェックするのがお薦め。

STEP3: 自分の体に合う紫外線ブロック剤を選ぶ

紫外線をカットする有効成分は色々なものがあるのですが、大きく分けて二つの種類があります。
ケミカル/紫外線吸収剤 と ミネラル/紫外線散乱剤 の二つです。

ざっと大まかな特徴をまとめてみたのがこちら▽

何故ケミカルがオーガニックと呼ばれるのか?

A. 炭素原子を含んだ化合物のことを有機化合物=オーガニックと呼ぶから。

ケミカルの日焼け止めには炭素系化学物質を使用しています。
既出のオキシベンゾンやアボベンゾン、メトキシケイヒ酸オクチルなども炭素系の化学物質です。これらの化学物質が紫外線を吸収してくれるので「日焼け止め」としての働きをしてくれるのですが、炭素系化学物質は有機化合物なので「オーガニック日焼け止め」と呼ばれています。

避けた方がいい物質/気をつけた方がいい物質

サンゴ礁にダメージを与える紫外線ブロック剤

ケミカル

オキシベンゾン(Oxybenzon)
メトキシケイヒ酸オクチル(Octinoxate)

サンゴ礁の白化の原因。
その他海洋生物にも毒となっている可能性有り。

ミネラル

酸化亜鉛(Zinc oxide)
二酸化チタン(Titanium dioxide)

上記ミネラルがナノ粒子の場合、ミネラルがサンゴに入り込み、酸化ストレスを起こすことによって細胞がダメージを受け白化してしまう。
その他海洋生物にも毒となっている可能性有り。

上記ケミカル日焼け止め販売禁止地域:
ハワイ、パラオ、アメリカ領バージン諸島 etc.

今の所規制されているのはケミカルの紫外線吸収剤のみですが、海で泳ぐ場合には上記2つの紫外線吸収剤やナノサイズのミネラルが含まれている日焼け止めは避けましょう。

人体への影響は?

オキシベンゾン・メトキシケイヒ酸オクチルの両方とも今の所人体へ悪影響を与えているという研究結果は出ていません。人体に影響を与えるほどの量を経皮吸収するのは不可能であろうとのこと含有量が決められているので、その規制内であれば大丈夫というのが現在の認識です。ただ、人体に対する影響の研究数が少なく、さらなる研究が必要であるのも事実です。

また、オキシベンゾンは経皮吸収率が高く環境ホルモン作用がある可能性があることがわかっているので、妊娠中・授乳中の方などは避けた方が良いかもしれません。

ミネラルの場合はナノサイズでも経皮吸収された形跡は無いという研究結果が出ており、飲み込んだり吸い込んだり(スプレー等の噴射を)しない限り、ミネラルベースの日焼け止めはその他の日焼け止めと比べてより安全です。

TIPS

化粧品等の紫外線ブロック剤入り製品との重ね付け:
デリケートな対紫外線剤が使われた日焼け止めの場合、種類の違う日焼け止め剤を含む日焼け止めと重ね塗りすることによって、紫外線カットの効果が失われてしまう可能性があるので、重ね付けする場合は成分チェックをすることがお勧め。

Ex.

  Avobenzone(アボベンゾン)→

X Octinoxate(オクチノキサート/メトキシケイヒ酸オクチル)
X Titanium dioxide(二酸化チタン)
X Zinc oxide(酸化亜鉛)

STEP4: UVBとUVA両方をカットできるものを選ぶ|最重要

日焼け止め選びで一番大事なのはB領域紫外線(UV-B)とA領域紫外線(UV-A)の両方をブロックできる物を選ぶこと。

日本ではSPF〇〇とPA+で日焼け止めの性能が表示されていますね。

SPF値 = どれだけUVBをブロックできるのか
PA値 = どれだけUVAブロックできるのか

ちなみに、このSPFとPAですが、日本独特の表示方法なので海外製品ではあまり見かけません。
近年はこの表示方法が日本から世界に輸入され、PA表記を使われた製品もちょこちょこ出てきていますが、基本はSPFが表にどどーんと表記されており、その下やパッケージ裏の説明書き部分などに Broad-spectrum(効果範囲が広い=どちらの紫外線に対しても効果がある) と書かれています。
この、Broad spectrum 表記がどこにもなければUVAはカットできません

製品によってはSPF値の横に一個だけ「+」表記がある場合がありますが、そちらは broadspectrum という意味です。

日本製やPA表記があるものであれば、「+」がなるべく多いもの
PA表記がなければ Broadspectrum と書かれているものを選びましょう

UVBとUVAの違い|アンチエイジにはUVAをカットするのが大事

白いねこねこさんのillustACからのイラスト
  UVB UVA
皮膚への浸透率 表皮まで 真皮(皮膚の奥深く)まで
人体への影響 表面的やけど状態(サンバーン)になる
ひどい時には水ぶくれができる
しみ、しわができる

UVAとUVBは太陽から地表に届く紫外線の一部なのですが、それぞれ人体に異なった影響を及ぼします。

老化の代表的症状であるしみやしわ・たるみといった現象は、真皮の中にある肌の弾力を保つ線維がUVAにより変性することで起きるので、若々しくハリのある肌でいるためにはUVAを防ぐのが効果的です。

最後に

今回の記事だとケミカルの日焼け止めが如何にも悪いように見えてしまうのですが、肌にも優しいケミカル日焼け止めももちろんあります
特に皮膚科医がラロッシュポゼやNeutrogenaはとても良い日焼け止めを作ると絶賛しているのをちょくちょく見かけます。
(ただ、私が知る限りNeutrogenaの日焼け止めはオキシベンゾンを含んだものもあるので注意。)

また、最近はケミカルとミネラルのいいとこ取りをしようと両方を含んだ製品なんかもあり、良い製品は日々増えています。
耐水性がある物もケミカルの日焼け止めが多いです。
一概にケミカルはダメ!と結論づけずに、自分の肌や使用するシチュエーションなどを考慮して使い分けたりするのが良いですが、敏感肌や経皮吸収が気になる方はミネラル日焼け止めがオススメ。

今回は文字数多すぎるので省いたのですが、次回は皮膚科医がお薦めする日焼け止めをまとめたいと思います。

情報源

色々な情報を合わせてまとめましたが、大筋の情報はこちらの動画を参考にしています。今回の記事ではこちらの情報を元に、商品を実際に購入する際に使いやすいステップに入れ替えました。

こちらはオーストラリアのドクターが運営しているチャンネルの動画です。
とても分かりやすいので見てみてください♪

Shedding More Light on Sunscreen Absorption. (2020, January 21). Center for Drug Evaluation and Research. Retrieved July 05, 2020, from https://www.fda.gov/news-events/fda-voices/shedding-more-light-sunscreen-absorption

Danovaro, R., Bongiorni, L., Corinaldesi, C., Giovannelli, D., Damiani, E., Astolfi, P., . . . Pusceddu, A. (2008, January 03). Sunscreens cause coral bleaching by promoting viral infections. Retrieved June 03, 2020, from https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2291018/

DocUnlock. (Producer). (2018, October 25). How To Choose The Best Sunscreen In 4 Simple Steps [Video file]. Retrieved June 3, 2020, from https://www.youtube.com/watch?v=waHpw1aY3ks

Downs, C. A., Kramarsky-Winter, E., Segal, R., Fauth, J., Knutson, S., Bronstein, O., . . . Loya, Y. (2015). Toxicopathological Effects of the Sunscreen UV Filter, Oxybenzone (Benzophenone-3), on Coral Planulae and Cultured Primary Cells and Its Environmental Contamination in Hawaii and the U.S. Virgin Islands [PDF]. New York: Springer Science+Business Media. Retrieved June 03, 2020, from https://link.springer.com/epdf/10.1007/s00244-015-0227-7?shared_access_token=lRAXkGu1XApz6jHGNg_CNPe4RwlQNchNByi7wbcMAY5VYCT4UGN4uI8dnS0bV8Myv9mGCAftDf32vi0At8e_HNV_0wDMrNSDE8HCVaz3KpLtw0WYOKvHY93rYFXVgoJs2A_m3_qp9PKL61Zo3QOX4_J4-SWyNXIbE1k8OohKL4Q=

DrDray. (Producer). (2020, May 26).Top 8 Sunscreen Sprays| Dr Dray. [Video file]. Retrieved June 3, 2020, from https://www.youtube.com/watch?v=hibaI0ZyMPA

George, D. (2015, March 27). Avobenzone: A Globally Approved UVA Absorber. Retrieved June 3, 2020, from https://knowledge.ulprospector.com/2232/pcc-avobenzone-globally-approved-uva-absorber/

Lab Muffin Beauty Science. (Producer). (2017, September 20). How to Use Sunscreen and Make-up Together | Lab Muffin Beauty Science [Video file]. Retrieved June 3, 2020, from https://www.youtube.com/watch?v=XULpx1jaREo&list=WL&index=2&t=252s

Let’s Be Clear On SPF… (2018, October 17). Retrieved June 03, 2020, from https://chicagointernalcleansing.com/lets-be-clear-on-spf/

Lim, D. (Producer). (2019, Sept. 2). SUNSCREENS | Dermatologist Advice. [Video file]. Retrieved June 3, 2020, from https://www.youtube.com/watch?v=rbv0ueyPjng&t=89s.

LoFaso, A. (2020, February 22). Sunscreen pollution accelerating demise of coral reefs, experts say. Retrieved June 03, 2020, from https://abcnews.go.com/International/sunscreen-pollution-accelerating-demise-coral-reefs-experts/story?id=68807099

Matta, M. K., Zusterzeel, R., Phili, N. R., Patel, V., Volpe, D. A., Florian, J., . . . Strauss, D. G. (2019, June 04). Effect of Sunscreen Application on Plasma Concentration of Active Ingredients. Retrieved June 03, 2020, from https://jamanetwork.com/journals/jama/article-abstract/2733085

Molvar, K. (2018, August 14). Is Your Sunscreen Bad for the Planet? Here’s How to Choose an Ocean-Safe Formula. Retrieved June 03, 2020, from https://www.vogue.com/article/reef-safe-sunscreens-oxybenzone-free-sea-turtles-environment-stream2sea

Nguyen, U., & Schlossman, D. (2001). Stability Study of Avobenzone with Inorganic Sunscreens [PDF]. South Plainfield: Kobo Products, Inc. Retrieved June 03, 2020, from http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download?doi=10.1.1.738.6177&rep=rep1&type=pdf.

Palau is first country to ban 'reef toxic’ sun cream. (2020, January 01). Retrieved June 03, 2020, from https://www.bbc.com/news/world-asia-50963080

TED-Ed. (Producer). (2016, August 2). Which sunscreen should you choose? – Mary Poffenroth [Video file]. Retrieved June 3, 2020, from https://www.youtube.com/watch?v=JX8rv_natkw

The science of sunscreen. (2018, July). Harvard Health Publishing. Retrieved June 03, 2020, from https://www.health.harvard.edu/staying-healthy/the-science-of-sunscreen

WHAT IS “ORGANIC SUNSCREEN" ANYWAY? (n.d.). Retrieved June 02, 2020, from https://osmiaorganics.com/blogs/blog/what-is-organic-sunscreen-anyway

Yung, M. M., Mouneyracb, C., & Leung, K. M. (2014). Ecotoxicity of Zinc Oxide Nanoparticles in the Marine Environment [PDF]. Dordrech: Springer Science+Business Media. Retrieved June 03, 2020, from https://link.springer.com/content/pdf/10.1007%2F978-94-007-6178-0_100970-1.pdf.

広告